Topics

髪と熱のお話

こんにちは。加藤です。

 

ここ数日、暖かく気持ちの良いお天気が続いていますが、

花粉症の皆様ご無事でしょうか。

毎年言われているような気もしますが、今年は時期も早く量も多いらしいです。

対策はしっかりして乗り切りましょう!

 

さて、今回はヘアアイロンとコテのお話です。

くせ毛を伸ばしたり、巻いて動きを出したり、

今流行りの外ハネのスタイルも、アイロンやコテは大活躍ですよね。

 

そんなヘアアイロンを使う中で、やはり気になるのは熱によるダメージです。

アイロンしたてはサラサラなのに、毎日続けていたら気づいた頃にはお風呂上りは硬くバサバサ、、なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

今日はそんなことにならないためにも、髪に優しいアイロンの使い方をお伝えしたいと思います。

 

まず、一番守っていただきたいのが、濡れた髪にアイロンを通さないことです。湿った状態もNGです。

巻く前にカールミストなどを使う場合も、付けてから一度乾かした方がダメージは少ないです。

湿っているとせっかくのカールも持ちが悪くなってしまいますし、何より恐ろしいダメージの原因になります。

巻いた時にシューっと水蒸気が出るのは、実は髪の表面の水分と一緒に髪の内部の水分まで蒸発して飛んで行ってしまっているサインなのです。

目に見えるので分かりやすいですが怖いですよね。

なので、巻く前は完全に乾かしてから!これだけは絶対に守ってください。

 

そして髪が乾いたらいよいよ熱をいれていきますが、

設定温度はどれくらいにしていますか?なんとなく最高温度でやっていませんか?

髪質やコテやアイロンに慣れているかによっても変わってきますが、

基本的に180度以上で巻いていくのはちょっと危険です。

 

というのも、温度設定の基本は、早く巻ける方は高めに。ゆっくり巻く方は低めに。

設定温度が高ければ高いほど熱を当てる時間は短くするべきで、

低ければ多少ゆっくり巻いてもそこまでのダメージはありません。

巻くのに慣れていてササッとできる方は180度で5秒以内

あまり巻くのに慣れていない方は、150度前後で10秒以内を目安に巻くといいです。

あとは、髪質によってもカールがつきやすかったりつきにくかったりもするので、

まずは低めの温度から巻いてみるのがいいですね。

 

熱によるダメージは、気づかない間に蓄積されているものです。

アイロンやコテを正しく使って、綺麗な髪でスタイリングを楽しみましょう!

 

 

 

 

茅ヶ崎の美容室Botanica