News

インナーカラーとは?派手にはしたくないけど変化が欲しい方にオススメです。

久しぶりの投稿になります谷内です。

 

さて、表題の通り今回はインナーカラーについてです。

そもそもインナーカラーとは?ですが

ざっくり言えば、『髪の内側の一部の色を変えて楽しむ』

です。

髪を下ろしているとわかりづらいのですが、

髪を耳にかけたり、ヘアアレンジしたり、

髪を動かした時にちらりと内側から覗くインナーカラーがちょっとしたアクセントになります。

カラーリングしている人も、黒髪派の人も「インナーカラー」でワンランクアップしたヘアカラーを楽しんでみましょう。

 

インナーカラーはこんな方にオススメです

・カラーでイメージを変えたいけど全体を明るくするのは抵抗がある。

・明るくするとダメージが気になる。

・伸びた時に根元の黒との境目が出過ぎるのが嫌だ。

・派手は嫌だけどおしゃれを楽しみたい。

 

 

 

こちらはベースの色は暗めにしてインナーカラーをミルクティベージュで入れてます。

サイドに髪の耳の掛け方で印象が変わります。

 

 

 

 

顔まわりの髪を落とすとチラッと見える感じになります。

 

正面からはこんな感じです

 

 

 

今回のインナーカラーはブリーチをしてます。

明度差をある程度はっきりさせた方がグッとおしゃれに見えますね。

もちろんブリーチをしなくてはいけない、ということではないですが、

ある程度髪が明るい方は少し内側を明るくするぐらいだと

馴染み過ぎてしまって、せっかくやったのによくわからない、、

となってしまうのでブリーチを勧めることが多いです。

 

ブリーチで痛みが心配!という方にはケアブリーチという

ブリーチに混ぜてダメージを軽減してくれるものがあるので

そちらをオススメしています。

 

 

ここまでオススメしていますが、中にはインナーカラーをオススメしない方も。

・今後パーマをかける方

・縮毛矯正(ストレートパーマ)をしている方、これからする方。

・切れるほどのハイダメージの方

 

はあまりオススメはしません。

場合によっては出来ることもありますので担当の方とご相談ください。

 

ご予約の際はインナーカラー希望と伝えていただけるとスムーズです。

所要時間は通常カラー+1時間程度になります。

 

寒くなってくると髪のトーンが落ち着いてきますが、

ちらりと覗くインナーカラー、この冬にいかがでしょうか?

 

 

谷内

 

 

 

茅ヶ崎の美容室Botanica